赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

赤帽で引越しするなら。料金はどれくらい?引っ越しを安くする方法

bnr024_02

 

0057bb9781fa8e48384d7d50e54c9485_s

 

 

引っ越しをすることになったけど、できれば引っ越し費用は安く抑えたい・・そう思っていませんか?

引っ越し費用は業者によって料金が大きく変わってきます。

引っ越し業者の赤帽は比較的料金が安く、単身者の人にはピッタリと言えます。

 

しかしだからといってすぐに赤帽に決めるのは少し待ってください。

実はあなたの状況によっては、赤帽よりも料金が安いところがあるかもしれません。

 

それを見つけるには他社の見積りを取ることが大事。

他社の見積りを取るなら、一括見積サイトを利用してみませんか?

一括サイトなら複数の引っ越し業者の見積もりを一度で取ることが可能です。

引っ越しまで時間がなくてもすぐに見積りがわかるので、まずは見積り依頼をしてみましょう。

 

複数の見積もりを見比べてみて、ここが良いなと思えたところに依頼するといいですね。

 

 

bnr024_05

 

引っ越し業者の赤帽は、引っ越し料金が安く済むことでとても有名です。

家族での引っ越しには不向きですが、荷物量が少ない単身者にはピッタリの業者と言えるでしょう。

ではこの赤帽の引っ越し料金について紹介します。

 

引っ越し料金はどこに住んでいるかによって変わってきます。では地域別の料金を紹介しましょう。

北海道は11880円。

東京は13500円。

愛知県は13500円。

大阪は13500円。

広島は13500円。

福岡は10800円~。

以上のようになっています。

ほとんどの地域で13500円が設定されているので、このくらいの金額だと思っておきましょう。

そしてこの料金ですが、作業時間二時間以内・引っ越し先までの距離が20km以内のばあいです。

これに作業員一名と軽トラック一台が来ます。

土日祝日の場合はこの料金の2割増しとなるので、可能ならば平日に引っ越すといいでしょう。

荷物が多い、また遠方への引っ越しとなると料金がかなり増す可能性もあります。

その際は他の業者にも見積りを取ってもらい、どちらが安いかを比較してから決めましょう。

遠方の場合は他の業者の方が安くつくこともありますよ。

赤帽で見積りを取る場合は、ホームページから簡単にできますのでぜひ利用してくださいね。

赤帽引越しのメリットとデメリット

 

引っ越し業者の赤帽。この業者に引っ越し依頼をする人も多いかと思いますが、この業者にお願いするメリットとデメリットがあります。どちらも大きなポイントとなりますので、参考にしてくださいね。まずはメリットから。赤帽は業界内でも特に引っ越し料金が安いことで有名です。近距離の引っ越しなら一万円程度で済むこともあるので、格安で引っ越しをしたい人にはピッタリの業者。また車を所持していなければ、赤帽のトラックで新居まで連れて行ってもらうこともできます。交通費を節約できますし、車移動なら楽ですよね。最後に赤帽は個人で経営している業者です。融通がききやすいということもメリットとなります。ではデメリットについてです。赤帽は基本的に作業員が一人で引っ越し作業を行います。ですので重たいものを運ぶとなれば当然自分も手伝わなければなりませんので、女性の引っ越しには不向きと言えるでしょう。また赤帽は引っ越し作業のプロではありません。建物や家具に傷をつけてしまう可能性はゼロではないということも覚えておかなければなりません。赤帽は軽トラック一台で来ますので、当然それに乗るくらいの荷物量でなければ運べません。乗らなければ自分で運ぶ、捨てる、売るといったことをしなければなりませんので、荷物量が多い人にもおすすめはできません。

 

ここで紹介する「引越し侍」は、最大で10社まで一括見積もりができ、操作も1分で簡単入力できるから、色々な引越し業者に依頼せずに多くの引越し業者から見積もりをもらうことができます。
大手の、サカイ引越センター、アート引越センター、アリさんマークの引越社など150社も加入しているから、家中にあるたくさんの観葉植物の引越しも安いところを見つけることができます。
複数から見積もりをもらうことで、一番安い引越し屋さんを見つけることができるんです。
見積もりするだけで、引越し料金が下げることができるんですからお得ですよね。

 

blue_button

 

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報