赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引っ越しするなら

読了までの目安時間:約 2分

今年から新生活を始めるという人も多いでしょう。

新生活を始める前に行うのが引っ越し。

ここでは引っ越しについて紹介します。

 

まず引っ越しをする前に決めておきたいのが新居と引っ越し業者

新居に関しては新生活を始める地域で自分の好きな部屋を選べば問題ありません。

しかし引っ越し業者の選び方はとても難しいもの。

特に安く引っ越しをしたいと考えているのなら、適当に選ぶと損をしてしまいます。

ですのでまずはいくつかの引っ越し業者の見積もりを取ってみましょう。

 

見積もりはどこの業者も無料で行ってくれます。

ただ複数の業者から見積りを取るとなるととても大変ですよね。

一つ一つのホームページを見て回るのも面倒ですし、できれば一度に取りたいもの。

それを叶えてくれるのが引っ越し費用の一括見積サイトなのです。

 

当サイトでは引っ越し一括見積サイトを紹介しています。

そのサイトなら複数の業者の見積もりを一度で取ることが可能。

時間もかかりませんし、すぐに見積り内容が届きます。

全て届いたら料金を見比べて、一番安いところに依頼すれば安く引っ越し費用を済ませることができますよ。

 

当サイトで紹介している赤帽はとても安いと評判の引っ越し業者です。

ただ赤帽以外にも安い引っ越し業者が見つかる可能性もあるので、まずは一括見積を取ってみましょう。

 

引っ越し費用の一括見積サイトはこちら!

引っ越し前日までにしておくこと

読了までの目安時間:約 2分

引っ越し前日はなんだかワクワクするという人も多いのではないでしょうか?

明日から新しい家だと考えると、早く行きたいと思ってしまいますよね。

また住み慣れた家から離れることに寂しいと感じる人も多いかもしれません。

前日はバタバタすることがないようにしておきましょう。

当サイトでは二か月前からしておきたいことについても紹介しています。

それらを済ませておけば前日はゆっくりできると思うので、チェックリストを作ってどんどん済ませていきましょう。

 

引っ越し前日にしておきたいのは冷蔵庫・洗濯機の水抜き

冷蔵庫は中身を空っぽにしておかなければなりません。

冷蔵でしか保存できないものは前日までにすべて処分し、調味料などは保冷剤と一緒に保存しておきましょう。

どちらもコンセントを抜いておいてくださいね。

 

次に貴重品のまとめ。

財布や鍵、携帯などは普段使う鞄に入れておきましょう。

どこかに置き忘れているということがないように注意してください。

そして家の中をチェックし、荷造りが完了していることを確認してください。

前日の夜に残っているのは貴重品とダンボール、そして布団という状態にしておけば安心ですよ。

次の日に使う衣服や靴も出しておきましょう。

これで前日までの準備が完了です。

引っ越し二日前までにしておくこと

読了までの目安時間:約 2分

引っ越し二日前までにしておくべきことはたくさんあります。

ここで紹介するので参考にしてくださいね。

 

まずは近所へのあいさつ。

引っ越し当日はバタバタと騒がしくなることは間違いありません。

もう二度と会わない人でも、礼儀としてちょっとした品物を持ってあいさつに行きましょう。

「引っ越し当日は騒がしくなるかもしれませんが、すみません」と一言言っておけば苦情を言われることはまずありませんよ。

 

次に郵送物などの住所変更。

旧住所に届く郵送物の全ての住所変更をしておきましょう。

漏れているものもあると思うので、郵便局で転送届をしておくと安心です。

 

次に区役所での手続き。

住民票の移動や国民保健、国民年金などがあります。

これらも住所変更が必要なので、区役所に行って変更しておいてください。

 

最後に荷造り。

荷造りは二日前までにはほぼ済ませておきたいもの。

そうすれば前日にバタバタすることもないので、必要最低限のもの以外は全てしまっておきましょう。

前日の食事はテイクアウトしたものやお弁当などのお惣菜で済ませるといいですよ。

 

全てをやり終えるにはかなりの時間がかかります。

余裕をもって早めに行動を開始しましょう。

前日になってバタバタすることがないようにしてくださいね。

引っ越し一週間前までにしておくこと

読了までの目安時間:約 2分

引っ越し前日まではするべきことがたくさんあります。

ここでは引っ越し一週間前までにしておきたい事を紹介します。

 

まずは新居の掃除と周辺の散策。

新居の掃除は当日にするわけにはいかないので、一週間前には済ませておきましょう。

そうすれば家具などもすぐに配置できますし、当日は軽く掃除機をかける程度で済みますよ。

周辺の散策も大事ですが、こちらは引っ越し後もできますので時間次第で行いましょう。

 

次に電気・ガス・水道・NHKへの住所変更。

どこに引っ越すかによっては変更ではなく解除となります。

解除になった場合は新居がある地域で新たに契約をしておきましょう。

NHKは地域に関係ありませんので、住所変更の連絡をしておけばOKです。

 

最後に不用品の処分。

一週間前になれば不用品がたくさん出てきているのではないでしょうか?

ゴミ袋に収まらない物は他の方法で捨てるしかありません。

当サイトでは不用品の処分方法についても紹介しています。

そちらを見て、どの方法で処分するかを考えてみましょう。

早めに処分しておいた方が当日は楽ですよ。

もしオークションなどに出品するのであれば、落札までの期間も考えて引っ越し一ヵ月~二か月前には出品しておいた方がいいかもしれません。

 

引っ越し二か月前までにしておくこと

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの前はしておくべきことがたくさんあります。

ここでは最低でも一週間前までにしておきたい事を紹介します。

 

まず必ず済ませておきたいのが部屋探しと引っ越し業者への依頼

特に3月~5月の繁忙期は早めの依頼をお勧めします。

直前に依頼しても指定日に引っ越しが出来ない可能性もありますので、上記の時期に引っ越す場合は早めに見積りを取って依頼しておきましょう。

 

次に大家さん、または管理会社への退去報告。

これも早めに済ませておきたいですね。

物件によって退去報告の時期は異なるので、契約書を見ていつまでに報告すればいいかを確認しておきましょう。

 

次にお子さんがいる家庭は転校手続き。

こちらも早めに済ませておかないと、手続きに関する書類などを用意する時間もあります。

引っ越し当日までに間に合わせる必要があるので、こちらも早めに動いておきましょう。

 

最後に荷造り道具の調達、荷造りの準備。

荷造り道具はダンボールやガムテープ、マジックなどが必要です。

いずれも荷物量に合わせて用意しましょう。

そして季節物や使わないものは早めにダンボールの中にしまっていきましょう。

物が入ったダンボールは使わない部屋や玄関から一番遠い場所に置いておけば、引っ越し当日まで邪魔になりませんよ。

 

引っ越し業者に処分の依頼

読了までの目安時間:約 4分

引っ越しをする際に必ず出る不用品。

不用品はまだまだ使える物であれば売ったりすることもできます。

しかし使い古してもう使えない状態の物であれば、売ることもできません。

その場合は自分で処分するしかないのです。

自分で処分する方法にもいくつかありますが、引越し業者に不用品を回収してもらうという方法もあります。

 

引越し業者によっては不用品の回収サービスを行っている業者さんがあります。なので引越し業者に引き取りや回収の依頼をするのが最も手間がかからない方法です。

 

ここでは引っ越し業者への依頼について紹介します。

 

引っ越し業者に処分の依頼をする方法は極めて簡単です。

 

引っ越しの見積もりを取り、依頼をする際に不用品を処分してほしいと伝えるだけです。

自分で処理する方法の中でも最も手間がかからない方法となります。

 

ただこの方法のデメリットは、処分に高い費用がかかること。

他の方法で処分すればもっと安く済んだのに・・なんて後悔する人も多いかもしれません。

 

高い費用とは言っても他の方法に比べればの話なので、まずは処分にどれくらいの料金がかかるかを聞いてみてもいいですね。

聞く際はどれを処分するかを把握しておきましょう。

それを伝えれば処分にどれくらいのお金がかかるかを知ることができます。

 

この方法は料金の面を除けばとても楽な方法です。

引っ越しをする際にまとめて処分してもらえるので、重たいものを運んだりする必要もありません。

引っ越しまでにバタバタして時間がない人には特におすすめなので、利用してみてくださいね。

 

 

引越しの処分について聞ける引越し業者は、引越し侍のような引越し一括見積サイトに数多く登録さいています。

 

不用品の回収サービスを行っている引っ越し業者は、サカイ引越センター、日本通運、ハート引越センターが主な引っ越し業者です。これらの引っ越し業者は、上記で説明した一括見積もりサイトに登録されています。

 

引越し一括見積サイトではホームページから引越し日や段ボールの量、引越し地域などを入力すればどのくらい引っ越し料金がかかるのかわかります。

しかも一度の入力で複数の引越し業者の料金が比較できるんです。そのサービスは一切お金がかかりませんのでとりあえず料金がどのくらいになるのか比較してみましょう。

 

↓引っ越し一括見積サービスの引越し侍はこちらです↓

 

>https://hikkoshizamurai.jp/

自治体の粗大ごみ回収

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの際に出る不用品は、新居に持っていくわけにはいかないので捨ててしまわなければなりません。

しかし困るのが捨て方ではないでしょうか?

ゴミ袋に入るサイズであればいいのですが、入りきれない不用品も出てきますよね。

家具や家電製品などは特にサイズが大きいものもありますので、対処に困る人も多いかと思います。

大きめの家具や電化製品は、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用しましょう。

 

粗大ごみ回収サービスは住んでいる地域の自治体が行っているものです。

捨てる際は用意しておくもの、そしてしておきたいことがあります。

用意しておくものは粗大ごみのステッカー

これは住んでいる地域のコンビニなどで販売されています。

500円単位で販売されているのが、捨てる物の大きさによって必要な枚数が変わります。

 

大きさ別の料金を知るには、粗大ごみ回収サービスに電話をかけましょう。

捨てる物を聞かれますので、それにこたえると料金を指定されます。

その分のステッカーを購入しておいてください。

そして捨てる日と時間についても指定されるので、指定日の指定時間までにステッカーを貼ってゴミ捨て場に置いておきましょう。

 

これで粗大ごみ回収の方法は終わりです。

使い古して売れない物などはこの方法で捨てると良いですね。

リサイクルショップ・オークションの利用

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをする際に必ず出てくるのが不用品です。

不用品とは言っても電化製品だったり家具だったりと様々。

そして大きさもそれぞれで違うでしょう。

ではこの不用品、どう処分すべきでしょうか?

 

ここで紹介するのはリサイクルショップやオークションです。

これらは自分にとっていらないものを売買する場を言います。

リサイクルショップは近所にある店舗に直接持ち込むことになります。

中には引き取りに来てくれるところもあるので、大きい不用品は引き取りに来てもらいましょう。

オークションは出品し、それに値がつけばお金になります。

ただ自分で発送などもしなければならないため、面倒な手間はリサイクルショップよりも多いと言えるでしょう。

 

しかし確実に値を付けるとなればオークションがおすすめ。

リサイクルショップの場合は値段が付かないこともあります。

その際は有料での引き取りとなるのです。

ですがオークションは値段が付かないものでも買い取る人もいます。

そうなれば少しでも収入となるので、お金をなるべく用意したい人はオークションに出品しましょう。

 

どちらにもメリット・デメリットがあります。

面倒なことも多いですが、不用品を安く処分するためにも引っ越し前に済ませておきましょう。

 

ダンボールは自分で用意

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをする際に重要になってくるのが荷造り

どんな人でも必ず荷物があり、それを持っていかなければなりません。

そしてその荷物を入れるのがダンボールですよね。

ダンボールは引っ越し業者に依頼をした際に無料でもらえるとあります。

無料ならもちろん引っ越し業者からもらった方が、自分で用意しなくても良いので楽と思いますよね。

実はそこが落とし穴となっているんです。

 

無料で提供されているとありますが、実は引っ越し料金の中にダンボール代は含まれていると言います。

事前に含まれているから無料提供となっているのでしょう。

ですのでダンボールは自分で用意することをおすすめします。

その分安くするように交渉しておきましょう。

 

ダンボールはスーパーやディスカウントストアに行けば大量にあります。

自由に持って帰ってもいいというところの方が多いので、そういったところに行けばすぐに調達できるでしょう。

荷物量が多い人はそれだけダンボールも必要となります。

そんなに大量に持って帰るのはちょっと・・と考える人も多いでしょう。

その場合は引っ越し業者に少しだけもらっておいてもいいですね。

多くもらえばもらうほど料金も高くつくので、自分で用意できる分だけは用意しましょう。

 

 

引っ越しをするに日について

読了までの目安時間:約 2分

引っ越し費用を安く抑えたいと考えている人は、いつ引っ越すか決まっていますか?

実は引っ越す日によって引っ越し費用は大きく変わるんです。

それは時期にもよりますし、曜日によっても変わります。

ではそれについてくわしく紹介していきましょう。

 

まず引っ越しの繁忙期という物ご存知ですか?

多くの人が引っ越すのが新生活が始まる4月頃です。

ただ4月からスタートなので、3月から引っ越す人もいれば5月に引っ越す人もいます。

ですので3月~5月は引っ越し業者が最も忙しくなる時期なんです。

この時期に引っ越すとなると料金が割高となります。

場合によっては通常の倍の金額がかかることもあるので、この時期の引っ越しはできるだけ避けましょう。

 

次に曜日について。

引っ越す人の多くは社会人だと思います。

社会人の多くは土日休みが基本。

なので引っ越しも当然土日となりますよね。

ただその土日、やはり料金が割高になるんです。

もちろん祝日も割高になります。

繁忙期でなくても休日は業者も忙しいもの。

その影響で料金も上がるので、できるなら平日に引っ越しておきましょう。

繁忙期以外の平日が最も安く費用が済みますよ。

会社勤めの人は有給などを使って引っ越すといいかもしれません。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー