赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引っ越し確定から引っ越し日まで

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの契約をしたら、その日から引っ越しの準備が始まります。

引っ越しの準備で最も手間がかかる作業と言えばやはり荷造り。

まずは不要なものと必要なものを見極め、不要なものを全て捨てましょう。

不要なものを持って行ってもいずれはゴミになります。

引っ越しを良い機会だと思い、使わないだろうと思う物は全て捨ててしまってください。

そうすれば荷物も大幅に減りますので、費用の削減にもつながりますよ。

 

不要なものを全て捨てたら季節ものを全て詰めていきましょう。

荷造りしたものは一つの部屋にまとめておくことで居住スペースを確保できますので、あちこちの部屋にダンボールが山積み…なんてならないように注意。

どんどんいらないものを詰めていき、前日までにはほぼ荷物を詰め終わっている状況にしましょう。

当日まで荷物がのこっていると当日バタバタしてしまうので大変ですよ。

またこの前日までに済ませておきたいのが電気・ガス・水道を止めるための連絡や、役所への手続き。

これらも引っ越しまでに済ませておくことで引っ越し後にバタバタする必要がなくなります。

引っ越し後は新居での電気・ガス・水道の手続きに加え、荷解きや役所への手続きも必要です。

やるべきことはたくさんあるので、引っ越し前に出来ることはすべてやっておくと良いですね。

引っ越し料金の価格交渉ってできる?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越し業者に見積もりをお願いすると、後日引っ越し業者の営業マンが自宅に見積もりに来ます。

荷物がどれだけあるかを確認し、その上でどれくらいのトラックが必要かを考えて見積もりを算出するのですが、自宅に来るため当然対面することになります。

ですのでこの時に価格の交渉をすることが可能です。

 

複数の見積もりをお願いしていることを伝え、その中で最も安い価格を提示してくる業者にお願いするつもりだと伝えましょう。そうすればある程度の値下げには応じてくれますよ。

また平日にするか、休日にするかなどによっても値段は大きく変わります。

安くなる日を選ぶことでもさらに安く交渉できますので、平日にできるようであれば平日にお願いしましょう。

話術に長けているのであれば価格交渉は可能です。

下げられる限界まで下げてもらいましょう。

ただ無理を言いすぎると下げてもらえなくなる可能性がありますので、少しずつ下げてもらうと良いですよ。

 

引越し価格は交渉次第で値下げが可能です。

業者側も契約してもらう為にある程度の値下げに応じてくれるので、交渉できる部分はきちんと交渉しましょう。

交渉した上でどこが安いかを見極め、この引っ越し業者ならお任せできるというところに任せてみてくださいね。

引越し不要品の処分方法

読了までの目安時間:約 4分

 

引越しをする時に必ず出るのが不用品です。
押し入れの中にしまっていたけど、もう使わないかもと思えるものがたくさんありませんか?
家にいる時は大して邪魔にはならないものの、引っ越しの時は邪魔になります。
使わないものを荷物にカウントしてしまうとそれだけ料金も上がりますので、不用品は全て処分しましょう。
不要品には色々なものがあり、それぞれで処分方法も変わってきます。
例えば家電や家具。
これらのものは年季が入っていてもう使えないという物の場合は、引き取りサービスにお願いするか自治体の粗大ごみ引き取りに連絡して持って行ってもらいましょう。
まだ使える、そこまで年季が入っていないものであれば売れる可能性がありますので、リサイクルショップに持っていくと良いですよ。
リサイクルショップには引き取りをしているところもありますので、そういったところにお願いすれば自宅まで取りに来てくれるので楽です。
まだ使えそうなものは売る、使えないものは捨てるといった風に不要品を処分していきましょう。
いらないものを全て処分するだけでも随分と荷物が減りますので、荷解きも楽に済みます。
物を捨てられない人からすれば何を捨てていいのかわからないと思いますが、今後自分が使うかどうかで判断すると良いでしょう。
使うと思って取っておいたけど、実際には全く使っていない。
そんなものがあれば迷わず捨ててしまいましょう。
どんどん捨てていくことで家の中もスッキリしますし、引っ越しも楽になりますよ。

不用品回収は引越し業者に頼むと高くつく?

 

引っ越しの時に必ず出る不用品ですが、これはリサイクルショップに引き取ってもらう、または自治体に引き取りを頼むという方法で処分するしかありません。
しかしどちらにしても連絡したらすぐに取りに来るというわけではありません。
リサイクルショップの場合は来るまでに一週間ほどかかる場合もありますし、自治体の場合は粗大ごみの日に出しておかなければならないため、引っ越し日ギリギリに不要品が見つかると利用できないこともあります。
どちらも利用できそうになければ、引っ越し業者に不要品回収をお願いするという方法もあります。
引っ越し業者にお願いすれば引っ越し日にそのまま不要品も回収してもらえるので、色々な連絡をせずとも簡単に処分が可能。
ただここで心配になるのが引っ越し業者に不要品回収をお願いすると、高くつくのではないかという点。
リサイクルショップの引き取りは無料の場合もありますし、1000円以下の引き取り料が必要になる場合もあります。
自治体の場合はコンビニなどで粗大ごみ用のシールを購入し、それを貼り付けておかなければ持って行ってもらえません。
粗大ごみ用のシールは処分するものの大きさによって変わりますので、どれくらいかかるかは処分するものによって違います。
引っ越し業者の場合は大体5000円以下で一つの不要品を回収してもらえます。
これは業者によって違いがあるので、契約の際に念のため聞いておいた方が良いでしょう。
リサイクルショップに比べれば高くつきますが、ビックリするほどの値段になるわけでもないので、忙しくて時間がない人は引っ越し業者にお任せしても良いですね。

 

まずは引越し業者に聞いてみるのがいいでしょう。

引っ越しを安く済ませるには?

読了までの目安時間:約 2分

引越しをする予定だけど、どうにかして引っ越し料金を抑えたい。

そう考える人はとても多いと思います。

新居への入居のためにかかる費用は高額になることが多いですし、そちらにお金を回す事が手一杯で引っ越し料金にまで中々回りませんよね。

しかし引っ越し業者にお願いしなければ引っ越しは難しいので、引っ越し料金を安く抑えるためにしておきたいことを覚えておく必要があります。

 

まず引っ越し業者を決める時は複数の会社の見積もりを取ること。

複数の会社と見比べ、一番安いところに決めましょう。

見積もりを取った後に特に安くないところから連絡がくるかもしれませんが、その時は一番安い金額を提示してきた引っ越し会社とその料金を伝えましょう。

その金額次第ではそちらも下げてくる可能性があるので、交渉できますよ。

 

ただ一点注意しておきたいのが、安すぎる引越し業者は悪い部分があるかもしれないということ。

例えば引っ越しに関するサービスがほぼない、アルバイトばかりで荷物を雑に扱うなど、価格が安いところは我慢しなければならない部分も出てきます。

そのため引っ越し料金だけで即決するのではなく、その引っ越し会社のサービス内容や従業員にどんな教育をしているのかなどもチェックしておいた方がいいでしょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー