赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引っ越しの見積もりについてすぐに契約しないとダメ?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの見積もりを業者にお願いしたら、その業者の営業マンが自宅に見積もりをしに来ます。

自宅にある持っていく荷物がどれくらいかを確認し、その荷物量によっておすすめの料金プランを提案してくれますよ。

直接顔を合わせることとなるので、押しに弱い人はその場で契約してしまう事もあるかと思います。

 

しかしそれは少し待ちましょう。

引っ越しの料金は交渉次第でどんどん値下げが可能です。

すぐに契約してしまえば可能なはずの交渉が行われないまま契約となってしまうので、もったいないですよ。

営業マンはその場で契約がほしいので、色々な交渉をしてきます。

中でも「この場で契約してもらえば○○」といった事も言ってきますので、これで揺らいでしまう人も多いでしょう。

最初からその業者にお願いするつもりであればそのままお願いしても良いですが、他の業者にも見積もりをお願いしていると言っても良いですね。

 

他の業者にも見積もりをしてもらい、そのトータルで決めると言えばさらに値引きしてくれる可能性もあります。

また実際に複数の見積もりを取って比較したうえで決めることもおすすめなので、すぐに決めずよく検討してから決めると良いですよ。

その場で決める必要はないので、流されないようにしましょう。

引っ越しのダンボールってどうやって準備すればいいの?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの時に必ず必要になるのがダンボール。

ダンボールは自宅の荷物をまとめるのに最適なので、ダンボールなしでは引っ越しは出来ないでしょう。

このダンボール、引っ越し業者にお願いする場合は引っ越し業者がダンボールをくれます。

大きめのダンボールと小さ目のダンボールをくれるので、上手に使い分けてすべての荷物を詰め込んでしまいましょう。

 

ただこのダンボール、引っ越し業者からもらうとその分お金が加算されるんじゃ…?と心配になりますよね。

この点は引っ越し業者によって変わります。

基本料金にダンボールの料金も含まれていることもあれば、ダンボールは無償で提供というところもあります。

ダンボールは要らないと言えば安く料金が安くなるところもあれば、安くならないところもあるという事ですね。

安くならない場合は他の点で交渉して値下げをしてもらいましょう。

 

引っ越し業者にお願いしない場合は自分たちでダンボールを持ってくる必要があります。

この場合はお店に置いてある持ち出し自由のダンボールを使いましょう。

無料なのでどれだけ持って行っても大丈夫ですよ。

ただお店によっては持ち出し数に制限がある場合もあるので、ダンボール置き場に注意書きがないかを確認してくださいね。

引越しが決まった!何からするべき?

読了までの目安時間:約 2分

引越しが決まったらまずは引っ越しの準備を開始しましょう。

すぐに始めることができるのが荷造りです。

荷造りは必要のないものからまとめていけば、家の中の大部分の荷物を片付けることができるでしょう。

 

例えば季節のもの。

夏の時期に引っ越すのならファンヒーターや冬物の衣類は使うことがありませんよね。

冬の時期に使う物は全てまとめておきましょう。

冬に引っ越すのなら夏場に使う物をまとめておくと良いですよ。

 

最初のうちは使わないものだけをまとめておき、日にちが近づくにつれて生活に必要のないものをまとめていきましょう。

引っ越し一週間前くらいには大部分の荷物をまとめ、生活に必要な最低限のものだけ出しておきましょう。

それから引っ越し日までに不要なものを徐々にまとめていき、前日にまとめてしまえばOK。

引っ越し当日に必要なものだけを出しておいて、引っ越し当日に使い終わったものをまとめれば荷物は全て片付きます。

 

引っ越しの準備で最も大変なのが荷造りと荷解きです。

荷解きは新居に行くまではできませんので、まずは荷造りを頑張って行いましょう。

荷造りに必要なダンボールは引っ越し業者からももらえますが、それよりも早くほしい場合はディスカウントストアなどに行って持ち出し自由のダンボールを持って帰ってきてもいいですね。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー