引越し不要品の処分方法

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引越し不要品の処分方法

読了までの目安時間:約 4分

 

引越しをする時に必ず出るのが不用品です。
押し入れの中にしまっていたけど、もう使わないかもと思えるものがたくさんありませんか?
家にいる時は大して邪魔にはならないものの、引っ越しの時は邪魔になります。
使わないものを荷物にカウントしてしまうとそれだけ料金も上がりますので、不用品は全て処分しましょう。
不要品には色々なものがあり、それぞれで処分方法も変わってきます。
例えば家電や家具。
これらのものは年季が入っていてもう使えないという物の場合は、引き取りサービスにお願いするか自治体の粗大ごみ引き取りに連絡して持って行ってもらいましょう。
まだ使える、そこまで年季が入っていないものであれば売れる可能性がありますので、リサイクルショップに持っていくと良いですよ。
リサイクルショップには引き取りをしているところもありますので、そういったところにお願いすれば自宅まで取りに来てくれるので楽です。
まだ使えそうなものは売る、使えないものは捨てるといった風に不要品を処分していきましょう。
いらないものを全て処分するだけでも随分と荷物が減りますので、荷解きも楽に済みます。
物を捨てられない人からすれば何を捨てていいのかわからないと思いますが、今後自分が使うかどうかで判断すると良いでしょう。
使うと思って取っておいたけど、実際には全く使っていない。
そんなものがあれば迷わず捨ててしまいましょう。
どんどん捨てていくことで家の中もスッキリしますし、引っ越しも楽になりますよ。

不用品回収は引越し業者に頼むと高くつく?

 

引っ越しの時に必ず出る不用品ですが、これはリサイクルショップに引き取ってもらう、または自治体に引き取りを頼むという方法で処分するしかありません。
しかしどちらにしても連絡したらすぐに取りに来るというわけではありません。
リサイクルショップの場合は来るまでに一週間ほどかかる場合もありますし、自治体の場合は粗大ごみの日に出しておかなければならないため、引っ越し日ギリギリに不要品が見つかると利用できないこともあります。
どちらも利用できそうになければ、引っ越し業者に不要品回収をお願いするという方法もあります。
引っ越し業者にお願いすれば引っ越し日にそのまま不要品も回収してもらえるので、色々な連絡をせずとも簡単に処分が可能。
ただここで心配になるのが引っ越し業者に不要品回収をお願いすると、高くつくのではないかという点。
リサイクルショップの引き取りは無料の場合もありますし、1000円以下の引き取り料が必要になる場合もあります。
自治体の場合はコンビニなどで粗大ごみ用のシールを購入し、それを貼り付けておかなければ持って行ってもらえません。
粗大ごみ用のシールは処分するものの大きさによって変わりますので、どれくらいかかるかは処分するものによって違います。
引っ越し業者の場合は大体5000円以下で一つの不要品を回収してもらえます。
これは業者によって違いがあるので、契約の際に念のため聞いておいた方が良いでしょう。
リサイクルショップに比べれば高くつきますが、ビックリするほどの値段になるわけでもないので、忙しくて時間がない人は引っ越し業者にお任せしても良いですね。

 

まずは引越し業者に聞いてみるのがいいでしょう。

引っ越し業者に処分の依頼

読了までの目安時間:約 4分

引っ越しをする際に必ず出る不用品。

不用品はまだまだ使える物であれば売ったりすることもできます。

しかし使い古してもう使えない状態の物であれば、売ることもできません。

その場合は自分で処分するしかないのです。

自分で処分する方法にもいくつかありますが、引越し業者に不用品を回収してもらうという方法もあります。

 

引越し業者によっては不用品の回収サービスを行っている業者さんがあります。なので引越し業者に引き取りや回収の依頼をするのが最も手間がかからない方法です。

 

ここでは引っ越し業者への依頼について紹介します。

 

引っ越し業者に処分の依頼をする方法は極めて簡単です。

 

引っ越しの見積もりを取り、依頼をする際に不用品を処分してほしいと伝えるだけです。

自分で処理する方法の中でも最も手間がかからない方法となります。

 

ただこの方法のデメリットは、処分に高い費用がかかること。

他の方法で処分すればもっと安く済んだのに・・なんて後悔する人も多いかもしれません。

 

高い費用とは言っても他の方法に比べればの話なので、まずは処分にどれくらいの料金がかかるかを聞いてみてもいいですね。

聞く際はどれを処分するかを把握しておきましょう。

それを伝えれば処分にどれくらいのお金がかかるかを知ることができます。

 

この方法は料金の面を除けばとても楽な方法です。

引っ越しをする際にまとめて処分してもらえるので、重たいものを運んだりする必要もありません。

引っ越しまでにバタバタして時間がない人には特におすすめなので、利用してみてくださいね。

 

 

引越しの処分について聞ける引越し業者は、引越し侍のような引越し一括見積サイトに数多く登録さいています。

 

不用品の回収サービスを行っている引っ越し業者は、サカイ引越センター、日本通運、ハート引越センターが主な引っ越し業者です。これらの引っ越し業者は、上記で説明した一括見積もりサイトに登録されています。

 

引越し一括見積サイトではホームページから引越し日や段ボールの量、引越し地域などを入力すればどのくらい引っ越し料金がかかるのかわかります。

しかも一度の入力で複数の引越し業者の料金が比較できるんです。そのサービスは一切お金がかかりませんのでとりあえず料金がどのくらいになるのか比較してみましょう。

 

↓引っ越し一括見積サービスの引越し侍はこちらです↓

 

>https://hikkoshizamurai.jp/

自治体の粗大ごみ回収

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの際に出る不用品は、新居に持っていくわけにはいかないので捨ててしまわなければなりません。

しかし困るのが捨て方ではないでしょうか?

ゴミ袋に入るサイズであればいいのですが、入りきれない不用品も出てきますよね。

家具や家電製品などは特にサイズが大きいものもありますので、対処に困る人も多いかと思います。

大きめの家具や電化製品は、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用しましょう。

 

粗大ごみ回収サービスは住んでいる地域の自治体が行っているものです。

捨てる際は用意しておくもの、そしてしておきたいことがあります。

用意しておくものは粗大ごみのステッカー

これは住んでいる地域のコンビニなどで販売されています。

500円単位で販売されているのが、捨てる物の大きさによって必要な枚数が変わります。

 

大きさ別の料金を知るには、粗大ごみ回収サービスに電話をかけましょう。

捨てる物を聞かれますので、それにこたえると料金を指定されます。

その分のステッカーを購入しておいてください。

そして捨てる日と時間についても指定されるので、指定日の指定時間までにステッカーを貼ってゴミ捨て場に置いておきましょう。

 

これで粗大ごみ回収の方法は終わりです。

使い古して売れない物などはこの方法で捨てると良いですね。

リサイクルショップ・オークションの利用

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをする際に必ず出てくるのが不用品です。

不用品とは言っても電化製品だったり家具だったりと様々。

そして大きさもそれぞれで違うでしょう。

ではこの不用品、どう処分すべきでしょうか?

 

ここで紹介するのはリサイクルショップやオークションです。

これらは自分にとっていらないものを売買する場を言います。

リサイクルショップは近所にある店舗に直接持ち込むことになります。

中には引き取りに来てくれるところもあるので、大きい不用品は引き取りに来てもらいましょう。

オークションは出品し、それに値がつけばお金になります。

ただ自分で発送などもしなければならないため、面倒な手間はリサイクルショップよりも多いと言えるでしょう。

 

しかし確実に値を付けるとなればオークションがおすすめ。

リサイクルショップの場合は値段が付かないこともあります。

その際は有料での引き取りとなるのです。

ですがオークションは値段が付かないものでも買い取る人もいます。

そうなれば少しでも収入となるので、お金をなるべく用意したい人はオークションに出品しましょう。

 

どちらにもメリット・デメリットがあります。

面倒なことも多いですが、不用品を安く処分するためにも引っ越し前に済ませておきましょう。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー