赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引っ越し業者を探す方法

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをしたいなと思ったらまずは新居を探し、新居が決まったら次は引っ越しの準備となります。

引っ越しの準備は荷造りが最も大変な作業ですが、それ以外にも引っ越し業者の選択という大事な作業があります。

引っ越し業者はたくさんいて、その中から優良業者を選ぶことは大変。

大手だから安心ということもないので、自分の目で見極めていくしかないのです。

 

おすすめなのは引っ越し侍などの引っ越し業者の一括見積サイト。

一括見積サイトに登録している業者は大手や中小と様々ですが、そのサイトが課す独自の審査を全て合格しなければ登録ができません。

引っ越しに関するいくつかの査定を行い、厳しい目で審査をしてそれに通った業者だけが登録できるサイトなので、安心できますね。

 

もちろん一括サイトに依頼してお願いした業者だからと言って確実に良い業者だとは限りません。

これは引っ越しに来るスタッフにもよるからです。

しかし自分で適当に決めてしまうよりは優良業者に依頼できる確率が高いので、自分で一から探すよりは一括見積サイトに依頼することがおすすめ。

当サイトでは引っ越し侍を特におすすめしているので、引っ越し業者選びに困っている人はぜひ引っ越し侍を使ってみてくださいね。

引っ越しのチェックリストって必要?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをするにあたり、しなければならないことがいくつもあります。引っ越しに関することと言えば荷造りやガス・水道・電気会社への連絡、借りている賃貸業者への連絡などがありますが、引っ越し前は実はとても大変なもの。引っ越し二週間前頃から動いておく必要があるので、仕事をしている人は休日を割いてでも色々な事をしていかなければなりません。

 

していかなければならない事がたくさんあると、一つずつやることをこなしていく必要があります。やることが少なければ特に何も用意しなくても出来ると思いますが、引っ越し前はとにかくすることが多いので、出来る事ならチェックリストを作成しておくことがおススメ。チェックリストを作り、したことを一つずつチェックしていけばいいので、していることとしていないことがすぐにわかりますよ。

 

このチェックリストは自作でも構いません。適当なノートなどにしなければならないことを書いておき、その横にチェックボックスを作っておきます。こうすればすべきことがすぐにわかりますし、したことにはボックスにチェックを入れれば良いのでわかりやすくなりますよ。

 

自作が難しい場合はネットからチェックリストをダウンロードして印刷しましょう。

引っ越したい!新居選びのポイントは?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをしたいなと思ったらまずは新居を決める必要があります。

すぐに不動産業者に行って希望の条件を満たす物件を見ても良いですが、今はパソコンやスマホがあるのでそれを使って物件探しをしても良いでしょう。

物件探しをする場合は不動産業者のホームページに行き、住む地域を設定してから探しましょう。

住む地域を設定したら、詳細も設定します。

詳細には部屋の間取りや部屋の広さ、木造や鉄筋かなどのたくさんの項目があります。

またウォッシュレットやお風呂に追い炊きがついているかなどの細かい項目もありますので、希望するものがあれば全てチェックしておいてください。

希望する項目をチェックしてから検索をするといくつかの物件が出てきますのでそれを一つずつ見ていきましょう。

検索数が少ない場合はチェック項目を減らしてみてください。

チェック項目が多ければ多いほど条件を満たす物件は少なくなるので注意してくださいね。

良い部屋が見つかったらその物件を取り扱う不動産に直接出向き、部屋の閲覧をお願いしましょう。

実際に見て部屋が気に入ればそのまま契約でも良いですし、不動産に行ったときに他の物件を見せてもらうこともおすすめですよ。

物権は長く住むものなので慎重に決めましょう。

引っ越し日が決まったら事前に新居の掃除をしておくべき?

読了までの目安時間:約 2分

新居を決める時は不動産業者に依頼し、入りたい新居が決まったら不動産業者と契約を結ぶ必要があります。

入居日が決まったらそれまでに不動産業者が依頼した清掃業者が新居の掃除をしてくれると思います。

ただこれはしてくれるところとしてくれないところがあるので、掃除の有無については不動産業者に確認しておきましょう。

掃除をしてくれる場合は、入居日の2~3日前に一度新居に行き、家の状態を確認しておきましょう。

気になる部分があれば掃除しておいても良いですし、虫が気になる時期ならバルサンなどもしておくと良いですよ。

引っ越し前であれば家具も何もない状態なので、バルサンをするにはベストなタイミングです。

掃除をしてくれない場合は引っ越し前に必ず掃除に行っておきましょう。

家具などを運んでしまった後は掃除ができません。

せっかく配置した家具をどかしてまでするくらいなら、引っ越し前の何もないときにしておいた方が苦労も少なく済みます。

新居にはいるのであればどうせなら綺麗な状態からスタートしたいですよね。そのためには掃除をしておく必要があるので、引っ越し日の前に必ず綺麗な部屋にしておきましょう。

そうすれば引っ越し早々掃除をする必要もありませんよ。

荷造りと荷解きってどれくらい時間が必要?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの時に最も大変となるのが荷造りと荷解きです。

荷造りは引っ越し前に家の中にある物全てを段ボールなどに詰めなければいけませんし、荷解きは引っ越し後に段ボールに詰めたものを全て出して配置していかなければなりません。

荷造りは引っ越し日までにすべてを終えておく必要があるので、より大変な作業になります。

限られた時間の中でどんどん詰めていく必要があり、必要なものだけは残しておく必要があるからです。

何が引っ越し日まで必要か、何が不要かを見極めて詰めていく必要があります。

荷造りは1~2週間程度あれば十分に終わるでしょう。家族が多ければ多いほど荷物の量も多くなるので、家族の人数が多い場合は早めに荷造りを開始しておくと良いですよ。

荷解きは期間に指定はありませんが、必要なものをどんどん出していかなければ生活が不便になります。

そのため荷解きも1週間程度で済ませておく必要があります。

ただすぐに使わないものはダンボールのまま収納しておいても良いでしょう。

時間があまりないのであれば必要なものだけを出しておき、不要なものは押し入れなどにしまっておくといいですよ。

何がどこにあるかを覚えておく必要はあるので、ダンボールには何が入っているかを細かく書いておくことをおすすめします。

引っ越しのダンボールってどうやって準備すればいいの?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの時に必ず必要になるのがダンボール。

ダンボールは自宅の荷物をまとめるのに最適なので、ダンボールなしでは引っ越しは出来ないでしょう。

このダンボール、引っ越し業者にお願いする場合は引っ越し業者がダンボールをくれます。

大きめのダンボールと小さ目のダンボールをくれるので、上手に使い分けてすべての荷物を詰め込んでしまいましょう。

 

ただこのダンボール、引っ越し業者からもらうとその分お金が加算されるんじゃ…?と心配になりますよね。

この点は引っ越し業者によって変わります。

基本料金にダンボールの料金も含まれていることもあれば、ダンボールは無償で提供というところもあります。

ダンボールは要らないと言えば安く料金が安くなるところもあれば、安くならないところもあるという事ですね。

安くならない場合は他の点で交渉して値下げをしてもらいましょう。

 

引っ越し業者にお願いしない場合は自分たちでダンボールを持ってくる必要があります。

この場合はお店に置いてある持ち出し自由のダンボールを使いましょう。

無料なのでどれだけ持って行っても大丈夫ですよ。

ただお店によっては持ち出し数に制限がある場合もあるので、ダンボール置き場に注意書きがないかを確認してくださいね。

引越しが決まった!何からするべき?

読了までの目安時間:約 2分

引越しが決まったらまずは引っ越しの準備を開始しましょう。

すぐに始めることができるのが荷造りです。

荷造りは必要のないものからまとめていけば、家の中の大部分の荷物を片付けることができるでしょう。

 

例えば季節のもの。

夏の時期に引っ越すのならファンヒーターや冬物の衣類は使うことがありませんよね。

冬の時期に使う物は全てまとめておきましょう。

冬に引っ越すのなら夏場に使う物をまとめておくと良いですよ。

 

最初のうちは使わないものだけをまとめておき、日にちが近づくにつれて生活に必要のないものをまとめていきましょう。

引っ越し一週間前くらいには大部分の荷物をまとめ、生活に必要な最低限のものだけ出しておきましょう。

それから引っ越し日までに不要なものを徐々にまとめていき、前日にまとめてしまえばOK。

引っ越し当日に必要なものだけを出しておいて、引っ越し当日に使い終わったものをまとめれば荷物は全て片付きます。

 

引っ越しの準備で最も大変なのが荷造りと荷解きです。

荷解きは新居に行くまではできませんので、まずは荷造りを頑張って行いましょう。

荷造りに必要なダンボールは引っ越し業者からももらえますが、それよりも早くほしい場合はディスカウントストアなどに行って持ち出し自由のダンボールを持って帰ってきてもいいですね。

引っ越し確定から引っ越し日まで

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの契約をしたら、その日から引っ越しの準備が始まります。

引っ越しの準備で最も手間がかかる作業と言えばやはり荷造り。

まずは不要なものと必要なものを見極め、不要なものを全て捨てましょう。

不要なものを持って行ってもいずれはゴミになります。

引っ越しを良い機会だと思い、使わないだろうと思う物は全て捨ててしまってください。

そうすれば荷物も大幅に減りますので、費用の削減にもつながりますよ。

 

不要なものを全て捨てたら季節ものを全て詰めていきましょう。

荷造りしたものは一つの部屋にまとめておくことで居住スペースを確保できますので、あちこちの部屋にダンボールが山積み…なんてならないように注意。

どんどんいらないものを詰めていき、前日までにはほぼ荷物を詰め終わっている状況にしましょう。

当日まで荷物がのこっていると当日バタバタしてしまうので大変ですよ。

またこの前日までに済ませておきたいのが電気・ガス・水道を止めるための連絡や、役所への手続き。

これらも引っ越しまでに済ませておくことで引っ越し後にバタバタする必要がなくなります。

引っ越し後は新居での電気・ガス・水道の手続きに加え、荷解きや役所への手続きも必要です。

やるべきことはたくさんあるので、引っ越し前に出来ることはすべてやっておくと良いですね。

単身でも引っ越しの挨拶は必要?

読了までの目安時間:約 2分

最近は引っ越しをしても、挨拶をしない人がとても多くなっています。
特に単身の場合は挨拶をすることがなく、周りにどんな人が住んでいるかすら知らないという人も多いかもしれませんね。
これは特に都会の方で見られる傾向です。
また単身向けの集合住宅となれば、ほとんどが一人暮らしの家庭となります。
ですので挨拶をするという感覚を持っていない人が多いのです。
そんな中挨拶に来られても、逆に迷惑がられることも多々あります。
また一人暮らしの人は生活リズムもそれぞれなので、いつ在宅しているかもわかりづらいもの。

単身向けの集合住宅に引っ越す場合は、引っ越しの挨拶の必要はないと言えるでしょう。

 

しかし家族向けの集合住宅に住んでいるのなら話は別です。
周りが家族ばかりの家庭であれば、挨拶をしておきましょう。
家族連れは挨拶をすることをマナーとしてとらえている人が多いので、挨拶をしておかないと近所づきあいに影響が出る恐れがあります。
また家族で住んでいる場合は、挨拶をしておくと快く迎えてくれる可能性がとても高いです。
ですので住む先にどんな世帯が住んでいるかによって挨拶をするかしないかを考えると良いでしょう。
挨拶をするのなら挨拶の品を選んでおくことも忘れないでくださいね。

 

単身の引っ越しなら赤帽での引っ越しがおすすめです。

格安で引っ越すことができますよ。

もし荷物が多い場合は、他の業者の見積もりも一応取っておきましょう。

他の業者の見積りを取る場合は引っ越し侍がおすすめです。

女性の一人暮らしでも挨拶は必要?

読了までの目安時間:約 2分

最近は女性でも一人暮らしをする人が増えています。
仕事をしている女性も多いので、職場の近くで一人暮らしを始めるという事が多いのではないでしょうか?
女性の一人暮らしとなると当然集合住宅に引っ越すことになると思います。
その場合に気になるのが引っ越しの際の挨拶。
女性の一人暮らしの場合、挨拶は必要なのでしょうか?

 

女性が一人暮らしをする場合、挨拶をすることはあまりおすすめできません。
挨拶をする先がどこも女性の一人暮らしならいいのですが、やはり男性の一人暮らしというパターンも多いからです。
女性が一人で暮らしていることがわかれば、何かと物騒になるもの。
防犯の面も考えて、挨拶に行くことは避けた方がいいかもしれません。

 

一人暮らし向けの集合住宅では、最近は引っ越しの挨拶をする方が珍しくなっています。
ですのでご近所との付き合いが悪くなるかも・・なんて心配する必要もありません。
あちらも挨拶をしてこないと思うので、特に気にしなくてOK。
通勤時間に顔を合わせることはあると思うので、その際は軽く挨拶しておけばいいでしょう。
わざわざどこに引っ越してきたかなどを言う必要はないので、不必要に情報を漏らさないように注意してくださいね。

 

もう引っ越し業者は決めましたか?

一人の引っ越しなら赤帽が安く引っ越せるのでおすすめですよ。

他の業者の見積もりも見たいという場合は、引っ越し侍で一括見積を取ってみましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー