赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

海外への引越が決まった!見積もりはもらえる?

読了までの目安時間:約 2分

仕事などの都合で、海外に転勤となることも少なくないと思います。海外に転勤となれば、居住地も海外に移す必要があるため、海外への引越を考え始めなければなりません。

単身の場合はそのまま引っ越し準備へと移ってもいいのですが、家族と一緒の場合は単身で行くのか、それとも家族全員で行くのかをよく話し合っておきましょう。

単身か家族で行くかによって、引っ越し準備も引っ越しにかかるお金も異なるからです。

 

海外への引越は、国内への引越よりもやはり高額になります。船か飛行機で荷物を運ぶこととなるため、最小限にまで荷物を抑えた方が良いかもしれません。家具や家電は引っ越し先で新たにそろえた方が良いでしょう。

 

ではこの引っ越しにかかる料金、どれくらいかかるのかが気になるところですよね。

海外への引っ越し料金が高いだろうということは予想ができるものの、イマイチ相場がわからない…そう悩むのも無理はありません。海外への引越はそうそう経験するものでもありませんので、相場が分からないのも当然だからです。

 

また海外への引越をしてくれる業者も限られているので、まずは海外への引越を請け負ってくれる業者を探すことが大切。それから見積もりの際に引っ越し先を海外にすることで大体の見積りがもらえますので、気になる業者を見つけて実際に見積もりに来てもらい、それから金額を聞きましょう。

引っ越し料金の訪問見積り!どれくらい時間がかかる?

読了までの目安時間:約 2分

引越し業者に見積り依頼をすると、まずは業者が見積もりをしに自宅まできます。

見積り依頼を申しこんだ時に、自宅への訪問日時についての打ちあわせがあるので、都合の良い日を言っておきましょう。

自宅まで来るということは何か用意しておいた方が良いの?と心配になる人もいるかと思いますが、見積り依頼の時に来る時の用事は自宅の荷物の量をみることです。

どれくらい量があって、家具や家電はどれくらいあるのか。

これを確認し、トラックはどれくらいの大きさを用意すべきかなどを大体の範囲で計算してくれるのです。

この計算で見積もりを出すことができますので、業者が来る用事はこれだけ。

これが住んで見積もりを出し、見積りを確認してすぐに契約する場合はその場で契約となりますので、見積り後に契約手続きへと入ります。

他の業者にも見積り依頼をしている場合はその場で契約というわけにはいきませんので、見積もりを出してもらったら業者はすぐに帰ります。

契約なしであれば大体15~30分ほどで見積り訪問は終了します。

契約まで含めると1時間程の時間が必要になるかもしれませんので、時間に余裕がある時に見積り訪問をしてもらうと良いでしょう。

土日でも訪問はしてもらえるので、休日に依頼しておけば安心です。

引越し荷造り中!運べないものってあるの?

読了までの目安時間:約 2分

引越しにむけて準備をしている中で、「あれ、これってどうやって梱包すればいいの?」と悩むものも多いかと思います。例えば宝石などの貴金属類や印鑑などですね。

ダンボールに入れるのは少し不安ですし、かといって他に入れて持って行ってもらうものもない。

それならダンボールに入れるしかないか…と思いがちですが、少し待ってください。

 

実は引っ越し業者は梱包しておけば何もかもを持っていってくれるわけではありません。

先ほど紹介した貴金属類やキャッシュカード、印鑑などは引っ越し業者が運ぶことができないものなのです。

その他に現金や通帳、有価証券なども運べません。

こういった貴重品に分類されるものは自身で管理しておかなければなりません。

そのため貴重品が多い場合は、大きめのカバンにこれらを保管しておき、引っ越し前の住居から引っ越し先まで自分でしっかり持ち歩くようにしましょう。

 

これらのものは値打ちがある物が多く、また通帳や印鑑は紛失したとなったら大変なこととなります。

こういった理由から引っ越し業者は預かることができませんので、自分で持ち歩かなければならないのです。

大切なものをダンボールの中に入れてしまうのも不安だと思うので、大切なものは自身で管理しましょう。

引っ越しをしたい!六曜って気にした方が良い?

読了までの目安時間:約 2分

六曜という物をご存知ですか?

カレンダーにも記載されているもので、大安や友引、仏滅などのことですね。

大安は何をするにも縁起がいい日と言われており、逆に仏滅は縁起が悪い日と言われています。

若い世代はあまり気にしない傾向にありますが、30代以降の人は気にする人も多いかもしれません。

六曜を気にする人はやはり大安の日を選びます。

その影響で平日であっても大安の日は人気が集中しやすく、引っ越し料金も高くなってしまいます。

しかし友引や仏滅は六曜を気にする人からすると不吉な日だとされているため、人気がなく、安く引っ越しを出来るかもしれません。

六曜を信じるかどうかは人それぞれです。

実際に仏滅の日に何か嫌なことがあったりすればそれを信じるのかもしれませんが、必ずしも仏滅に悪いことが起きるとも限りません。

ですので六曜は特に気にせず、それよりも料金の方が気になるという人はあえて仏滅や友引の日を選んでも良いでしょう。

少し心配…という人は神社にお参りに行ったり、神様にお供えをしておくこともおすすめです。

仏滅や友引でも対策をしておけば運勢には特に影響がないといわれているので、気になる人はお参りやお供えをしておきましょう。

 

荷造りQ&A!荷造りの前に確認しておきたい事

読了までの目安時間:約 2分

壊れ物を包むプチプチはどこで入手できる?

お皿やワレモノなどをそのままダンボールに入れてしまうと、運搬の際に壊れてしまう恐れがあります。壊れやすい製品はしっかり梱包するようにしましょう。

 

新聞を頼んでいる所であれば新聞で包むことがおススメですが、新聞がない場合はプチプチなどを使うことがおススメ。プチプチはホームセンターなどに行けば販売されています。

 

その他にも引っ越し業者がプチプチや厚めの布を貸し出してくれることもありますので、引っ越し業者に聞いてみても良いですね。

 

ダンボールを作る時のガムテープは布?クラフト?

ガムテープには布製のものとクラフト製のものがあります。使ってみたことがある人なら分かると思いますが、耐久性に優れているのは布製です。

 

布製はしっかりとした作りになっており、簡単に破けることがありません。そのため重たいものを入れるダンボールを作る時は布製のものがおすすめ。

 

軽いものであればクラフトテープでも充分持ちますので、重たさによって使い分けましょう。

 

荷造りの際は色々と気になることが出てくると思います。

スムーズに荷造りをするためにも、気になることはしっかり調べてから荷造りを開始しましょう。

引っ越し日に雨が!引っ越しは予定通り?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しを決めたら引っ越し業者に見積り依頼をして、その場で引っ越し日を決める事となります。
早い場合は一か月前程から決めることもあるため、一か月後の天気を予想することはできませんよね。
そのため急に雨が降り始めることだってあります。
雨が降っていたら引っ越しってできるの?と心配になりますよね。
家具は濡れても大丈夫だとしても、家電は濡れたら…と不安になると思います。

しかし引っ越しは雨が降っていても行われます。
台風がきていて暴風雨となれば話は別ですが、雨が降っている程度であれば問題なく行われるのです。
もちろん雨が降っていれば、荷物が濡れないように業者が最大限の梱包をしてくれますので、家電なども濡れずに新居に運ぶことができます。

引越しをする人は全国にたくさんいます。そのため一日に何件も予定が詰まっていることもあり、一件延期してしまうと他の引っ越しを予定している人にも迷惑がかかってしまいます。
特に繁忙期は予定がかなり詰まっているので、そう簡単に予定を変えることができないのです。
もちろん台風などで危険がある場合は延期となることもありますが、そうでない場合は引っ越し予定日に通常通り行われます。
安全に引っ越しできるよう配慮してくれますので、心配ありません。

引っ越し料金はいつ払えばいい?

読了までの目安時間:約 2分

引越しの際はお金が当然かかります。単身であれば安く済むこともありますが、家族数が多ければ多いほど金額も高くなります。
安ければ現金で用意することもできますが、急な引越しや引っ越し料金が高額であれば現金で用意することも難しいですよね。
その場合はクレジットカードで支払うことも可能なので、現金の用意が難しい場合はカードで支払いましょう。

引っ越し料金はいつ払うのかが気になるところですよね。
契約日に支払うの?と思いますが、契約日は書類にサインをするだけなのでお金が必要になることはありません。
多くの引っ越し業者が引っ越し当日の支払いとなっています。
引っ越し作業をする前に作業員に支払えばOKです。

ただ支払い方法によっては引っ越し日の前に支払う事となります。
現金の場合は引っ越し当日、引っ越し作業の前に現金を支払う事となりますが、クレジットカードの場合は引っ越し日の前にカード情報を渡すということもあるようです。
引っ越し当日にカードで支払いという業者もいるので、これは引っ越し業者に確認しておくべきでしょう。

どちらにしても基本的には引っ越し当日か引っ越し日の3日程前の支払いとなります。
契約の際に支払いについて説明があると思うので、きちんと聞いておきましょう。

ダンボールに入れたくない洋服はどうすればいい?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの時は荷物をすべて持っていかなければならないので、洋服も当然持っていきますよね。
洋服は女性ならより多くのものを持っていると思いますが、洋服にも色々な種類があります。普段から畳んで収納している服から、クローゼットなどにしわにならないようハンガーでかけて収納している服など。
畳んで収納できるものであれば畳んでダンボールの中に入れて置けるので問題はありません。
ただシワになると困る物、シワがつくと治しようがないもの等の服はダンボールに入れることができませんよね。
ではその場合はどう持っていけばいいのでしょうか。

引っ越し業者によっては衣類をかけて持っていくことができる専用の箱を用意してくれます。
専用の箱はロングコートなどであれば問題なく収納できるので、大体の衣類は問題なく入るでしょう。
コレがあればシワをつけることなく引っ越し先に持っていくことができます。

ただ専用の箱は限りがあるので、畳んで持っていけるものはダンボールになるべく収納し、どうしても畳むことができないものだけを専用の箱に入れるようにしましょう。
この箱は大体が引っ越し当日に持ってきてくれるので、当日にすぐに収納できるよう用意しておくと良いですよ。

引っ越しって保険がある?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しはとても大きなイベントの一つです。
自分が所持している荷物を新居へと運んでいくのですが、その際は大体の人が引っ越し業者にお願いすると思います。
引っ越し業者にお願いするのはとても安心しますよね。
普段からそういった家具類を運んでいることもあり、丁寧に運んでくれるだろうと思えるからです。
またこちらとしてはお金を払って引っ越しをするので、その上で荷物の無事もお任せするのです。

ただ引っ越し業者も人なので、時には重たい家具を持って転倒することもあります。
衣類が入った段ボールをもっての転倒であれば特に問題はありませんが、軽い荷物を持った状態でこける人はあまりいないでしょう。
こけた時に電化製品や大型の家具を持っていた場合は、間違いなく何らかの傷を負います。
家電などは衝撃によって壊れることもあるでしょう。
では壊れた場合はどうするのか。

持ち主からすれば弁償してもらうのが当たり前と思いますが、引っ越し業者によっては破損した家具を弁償しないところもあります。
もしもの時に備え、引っ越し業者が用意する保険に加入しておくべきでしょう。
保険に加入しておけば上限までの額の保証を行ってもらえます。
何もせずにいると破損したのに弁償してもらえないということにもなりかねませんので、必ず保険に加入しておきましょう。

海外への引っ越しは可能?

読了までの目安時間:約 2分

海外に引っ越すという人は決して珍しくありません。

勤めている会社の支店が海外にあるのであれば、そちらに転勤になることだってあるからです。

もし単身で行くとしても、どれくらい行くかがわからなければ引っ越しを考えなくてはいけません。

ただ海外に引っ越しってできるの?と不安に思っている人もいるでしょう。

 

もちろん海外への引っ越しは可能です。

大手の引っ越し業者は海外への引っ越しも問題なく取扱っているので、安心して引っ越しをお任せできますよ。

ただ海外への引っ越しとなると、国内の引っ越しよりは準備なども大変になりますしお金も高額となります。

その点は海外に引っ越すから仕方ないと思っておきましょう。

 

また海外に引っ越す事が決まったらなるべく早めに引っ越し業者を探して予約をしておいてくださいね。

でないと引っ越し業者が決まらずに準備もままならない…なんてことになってしまいます。

 

海外への引っ越しは船と航空機から選ぶ事ができます。

移住先への距離や金額からどちらにするかを決めましょう。

分からない場合は引っ越しスタッフに相談して、自分に合っている方を決めると良いですよ。

海外の引っ越しは国内の引っ越しに比べても大変なので、できるだけ早い段階から準備をしておいてくださいね。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー