赤帽 引越し 料金

赤帽の引越し料金はどれくらい?安い料金で引っ越しする方法

赤帽で引越しをお考えの方へ。赤帽の引っ越しは料金も安く単身でも冷蔵庫やソファなども全部運んでくれます。赤帽などで安い料金で引っ越しを検討しているのであればこれだけは確認しておきましょう。

引っ越し日に雨が!引っ越しは予定通り?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しを決めたら引っ越し業者に見積り依頼をして、その場で引っ越し日を決める事となります。
早い場合は一か月前程から決めることもあるため、一か月後の天気を予想することはできませんよね。
そのため急に雨が降り始めることだってあります。
雨が降っていたら引っ越しってできるの?と心配になりますよね。
家具は濡れても大丈夫だとしても、家電は濡れたら…と不安になると思います。

しかし引っ越しは雨が降っていても行われます。
台風がきていて暴風雨となれば話は別ですが、雨が降っている程度であれば問題なく行われるのです。
もちろん雨が降っていれば、荷物が濡れないように業者が最大限の梱包をしてくれますので、家電なども濡れずに新居に運ぶことができます。

引越しをする人は全国にたくさんいます。そのため一日に何件も予定が詰まっていることもあり、一件延期してしまうと他の引っ越しを予定している人にも迷惑がかかってしまいます。
特に繁忙期は予定がかなり詰まっているので、そう簡単に予定を変えることができないのです。
もちろん台風などで危険がある場合は延期となることもありますが、そうでない場合は引っ越し予定日に通常通り行われます。
安全に引っ越しできるよう配慮してくれますので、心配ありません。

引っ越し料金はいつ払えばいい?

読了までの目安時間:約 2分

引越しの際はお金が当然かかります。単身であれば安く済むこともありますが、家族数が多ければ多いほど金額も高くなります。
安ければ現金で用意することもできますが、急な引越しや引っ越し料金が高額であれば現金で用意することも難しいですよね。
その場合はクレジットカードで支払うことも可能なので、現金の用意が難しい場合はカードで支払いましょう。

引っ越し料金はいつ払うのかが気になるところですよね。
契約日に支払うの?と思いますが、契約日は書類にサインをするだけなのでお金が必要になることはありません。
多くの引っ越し業者が引っ越し当日の支払いとなっています。
引っ越し作業をする前に作業員に支払えばOKです。

ただ支払い方法によっては引っ越し日の前に支払う事となります。
現金の場合は引っ越し当日、引っ越し作業の前に現金を支払う事となりますが、クレジットカードの場合は引っ越し日の前にカード情報を渡すということもあるようです。
引っ越し当日にカードで支払いという業者もいるので、これは引っ越し業者に確認しておくべきでしょう。

どちらにしても基本的には引っ越し当日か引っ越し日の3日程前の支払いとなります。
契約の際に支払いについて説明があると思うので、きちんと聞いておきましょう。

ダンボールに入れたくない洋服はどうすればいい?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しの時は荷物をすべて持っていかなければならないので、洋服も当然持っていきますよね。
洋服は女性ならより多くのものを持っていると思いますが、洋服にも色々な種類があります。普段から畳んで収納している服から、クローゼットなどにしわにならないようハンガーでかけて収納している服など。
畳んで収納できるものであれば畳んでダンボールの中に入れて置けるので問題はありません。
ただシワになると困る物、シワがつくと治しようがないもの等の服はダンボールに入れることができませんよね。
ではその場合はどう持っていけばいいのでしょうか。

引っ越し業者によっては衣類をかけて持っていくことができる専用の箱を用意してくれます。
専用の箱はロングコートなどであれば問題なく収納できるので、大体の衣類は問題なく入るでしょう。
コレがあればシワをつけることなく引っ越し先に持っていくことができます。

ただ専用の箱は限りがあるので、畳んで持っていけるものはダンボールになるべく収納し、どうしても畳むことができないものだけを専用の箱に入れるようにしましょう。
この箱は大体が引っ越し当日に持ってきてくれるので、当日にすぐに収納できるよう用意しておくと良いですよ。

引っ越しって保険がある?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しはとても大きなイベントの一つです。
自分が所持している荷物を新居へと運んでいくのですが、その際は大体の人が引っ越し業者にお願いすると思います。
引っ越し業者にお願いするのはとても安心しますよね。
普段からそういった家具類を運んでいることもあり、丁寧に運んでくれるだろうと思えるからです。
またこちらとしてはお金を払って引っ越しをするので、その上で荷物の無事もお任せするのです。

ただ引っ越し業者も人なので、時には重たい家具を持って転倒することもあります。
衣類が入った段ボールをもっての転倒であれば特に問題はありませんが、軽い荷物を持った状態でこける人はあまりいないでしょう。
こけた時に電化製品や大型の家具を持っていた場合は、間違いなく何らかの傷を負います。
家電などは衝撃によって壊れることもあるでしょう。
では壊れた場合はどうするのか。

持ち主からすれば弁償してもらうのが当たり前と思いますが、引っ越し業者によっては破損した家具を弁償しないところもあります。
もしもの時に備え、引っ越し業者が用意する保険に加入しておくべきでしょう。
保険に加入しておけば上限までの額の保証を行ってもらえます。
何もせずにいると破損したのに弁償してもらえないということにもなりかねませんので、必ず保険に加入しておきましょう。

海外への引っ越しは可能?

読了までの目安時間:約 2分

海外に引っ越すという人は決して珍しくありません。

勤めている会社の支店が海外にあるのであれば、そちらに転勤になることだってあるからです。

もし単身で行くとしても、どれくらい行くかがわからなければ引っ越しを考えなくてはいけません。

ただ海外に引っ越しってできるの?と不安に思っている人もいるでしょう。

 

もちろん海外への引っ越しは可能です。

大手の引っ越し業者は海外への引っ越しも問題なく取扱っているので、安心して引っ越しをお任せできますよ。

ただ海外への引っ越しとなると、国内の引っ越しよりは準備なども大変になりますしお金も高額となります。

その点は海外に引っ越すから仕方ないと思っておきましょう。

 

また海外に引っ越す事が決まったらなるべく早めに引っ越し業者を探して予約をしておいてくださいね。

でないと引っ越し業者が決まらずに準備もままならない…なんてことになってしまいます。

 

海外への引っ越しは船と航空機から選ぶ事ができます。

移住先への距離や金額からどちらにするかを決めましょう。

分からない場合は引っ越しスタッフに相談して、自分に合っている方を決めると良いですよ。

海外の引っ越しは国内の引っ越しに比べても大変なので、できるだけ早い段階から準備をしておいてくださいね。

引越し中に家具などが破損したら?

読了までの目安時間:約 2分

引っ越しをする時は家具や家電などを引っ越し業者にお願いして持って行ってもらうと思います。

家具や家電は大きいものが多いので、自分たちで運ぶのは大変。

どれだけ心配でもプロである業者にお願いした方が良いでしょう。

 

ただここで心配なのが家具や家電の破損。

私はつい最近引っ越しをしたのですが、引っ越し前の住まいは5階建ての5回でエレベーターなしの物件でした。

そのためどれだけ重い家具や家電も全て階段で運ぶこと。

業者の方はとても大変だったと思います。

重たいものをすべて階段で運んでもらうので、家具や家電は大丈夫かな?という不安がありました。

プロにお願いするとは言ってもやはり5階建てで階段のみなのでそれだけは当日も不安でした。

 

ただ私は引っ越しの契約の際、家具などが破損した際の保証サービスを付帯しました。

上限がありますが、破損した場合はその破損分を補償するというものですね。

業者の人を信用していないわけではないのですが、物件が物件なのでやはり不安で。

この保険があったのである程度は不安も消えていました。

 

保険サービスは業者によって価格が異なりますが、できるなら保険を付帯しておいた方がいいと思います。

万が一の時は保証してもらえると思っておけば、家具や家電の破損の不安も少し和らぎますよ。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー